【TikTok】ショート動画運用代行(YouTube・インスタリール)

SNSを活用した、企業の情報発信が増えています


縦型ショート動画 の時代へ

TikTok売れ MarkeZine「"TikTok売れ"はなぜ起きる?メカニズムと意図的に生み出すアプローチを探る」

TikTokで"バズった"商品が爆発的に売れる 「TikTok売れ」は社会現象にまで発展し、2021年の日経トレンディではヒット商品のベスト1位となりました。

主な成功事例として、大塚製薬の炭酸飲料「ファイブミニ」が挙げられます。いきなりTikTokで人気となりコンビニ経由の売上2倍という大記録を達成。

大手企業だけの特権ではありません。コロナ禍で苦しんでいた個人飲食店、
地方の建築会社・動物園、警備会社に至るまで、多くの成功事例があります。

※弊社実績ではございません。業界説明を目的に取り上げさせて頂いております。

TikTok採用 株式会社Suneight「「Z世代就活生のTikTok活用実態」に関する調査」

「縦型ショート動画」は、採用戦略の一つとしても高い効果が期待できます。

TikTokを通して企業に興味を持った就活生は80%以上となっており、そのうち 66.2%は、実際にエントリーするまで至っているというデータもあります。

ある警備会社では、TikTokを活用することで応募数を増加させることに成功。50歳〜60歳が中心であった年齢層も、20歳から30歳が中心となりました。

大手企業のみならず、中小ベンチャー企業であっても他人事ではありません。

TikTokアルゴリズム

TikTokがここまで注目を集めている理由は、アルゴリズムの特性にあります。

XやInstagram等の投稿は、フォロワーのタイムラインに表示されるのが基本。既存顧客へのリーチには使えますが、フォロワーの獲得が必須となります。

一方、TikTokは「フォロワー0」の状態でも100〜200回程度再生されるため、動画単体の評価が高ければ、アカウント開設直後でもバズが狙えます。

YouTube(Shorts)も基本は同じですが、開設初期は伸びにくい仕組みなので、TikTokでフォロワーを集めて、外部SNSへ誘導するのが最近のトレンドです。

  • 広告費の削減
    コストを最小限に抑えて
    効率的にユーザーを集客
  • 売上アップ
    自社商品を知ってもらい
    購入や来店に繋げられる
  • ブランド力アップ
    御社の事を知ってもらい
    イメージアップに繋げる
  • 採用率アップ
    社内の雰囲気を発信し
    離職率を下げる効果も

採用コストを抑え、定着率を高める効果も


縦型ショート 採用戦略

  • YouTube20〜30代利用率 96%以上 男性:50.8% / 女性:49.2% ※令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査
  • TikTokユーザーの平均年齢 35.95歳 男性:55.4% / 女性:44.6% ※博報堂「コンテンツファン消費行動調査2023」

YouTube(Shorts)は20〜30代で96%の利用率となっており、高い訴求力を持っていることは周知の事実でしょう。
注目すべきは、TikTokの平均年齢が35.95歳であること。10代の多い印象から大きく変化していることが伺えます。

TikTok採用 株式会社Suneight「「Z世代就活生のTikTok活用実態」に関する調査」

TikTokで知り、エントリーした学生は66%以上

採用難は多くの企業が頭を抱える課題の1つ。不人気と言われる業界では、採用にいくらお金をかけても応募がこない場合もあります。

ある警備会社は、TikTokを活用することで応募数の増加に成功させました。主な年齢層も、50歳〜60歳から20歳〜30歳中心へ変化

TikTokを通して企業に興味を持った就活生は80%以上となっており、そのうち66.2%は実際にエントリーするまでに至っています。

新卒・中途の離職率 就職みらい研究所「就職白書2020」

社内の雰囲気を伝えることで「定着率」向上も

一人あたりの平均採用コストは「新卒93.6万円・中途103.3万円」。さらには離職率の問題もあり、 ミスマッチを防ぐことが重要です。

仕事で一番大事なのは人間関係です。動画を使って社内の雰囲気を伝えておくことで、「定着率」を向上させる効果も期待できます。

あるタクシー会社では「こんな上司が理想」などのコメントが多数寄せられており、そこから採用に繋がったという事例もあります。

そのフォロワーや再生数、本当に必要ですか?


よくある誤解

  • 失敗例①
    とにかく再生が欲しい!
    売上や採用などに繋がらない
    再生数には意味がありません
  • 失敗例②
    フォロワー増えればOK!
    アカウント設計を間違えると
    二度と伸びなくなることも…
  • 失敗例③
    TikTokだけやれば良い!
    短い動画だけでは説明不十分
    コアなファンも獲得しにくい

目先の数字を追い求めるだけだと、
長期的には失敗します

弊社にお任せ下さい

  • その数字、本当に必要ですか
    結果に繋げる戦略立案
    ビジネスのゴールから逆算した
    「正しい数字」を追い求めます
  • TikTokだけで満足すると危険
    銀盾YouTuber監修
    総再生数1億・登録者10万人の
    クリエイターが監修しています
  • ただの感想は意味ありません
    公式APIデータ分析
    アルゴリズム変更も察知して
    再現性の高い改善提案を実施

弊社の強み①


結果に繋げる 戦略立案

ほとんどのTikTok運用代行業者は、再生数やフォロワー数をゴールとしています。
確かにわかりやすい指標ですが、売上や採用に繋がらなければ意味がありません。
ビジネスのゴールと各SNSの特性を活かした「ファン化」施策が必要になります。

弊社では、アカウント開設直後から"バズ"を狙える TikTok を基点に
Shorts(YouTube)Instagram(Reels)の運用もオススメしております。

TikTok
アクティブユーザー数 10億以上 ※TikTok公式ブログ(2021年時点)
  • 1本目から再生される
  • 新規流入を狙いやすい
  • コアファン獲得に弱い

TikTokは認知特化型

TikTok最大の特徴は、動画の質さえ良ければ1本目からバズを狙えることです。

アルゴリズムの特性上どんなアカウントでも100から200回程度再生される為、動画が好評であれば、どんどん再生数が増え続けるという仕組みです。

認知拡大という目的であれば最も優れたプラットフォームといえるでしょう。

ただ、大衆性を意識しないと伸びにくかったり、目的意識を持たないユーザーが多いため「ファン化」させるのが難しいというデメリットもあります。

※最近は生配信も可能なので、今後改善する可能性はあります

YouTube(Shorts)
1日の視聴回数 700億 以上 ※YouTube公式ブログ(2023年時点)
  • 開設初期は伸びにくい
  • 新規流入を狙いやすい
  • コアファン獲得に強い

Shorts(YouTube)は万能型

Shorts(YouTube)の特徴は、Instagram(Reels)とTikTokのいいとこ取りです。

「ショートフィード」に掲載されると再生数が急増します。普通の動画とは別のアルゴリズムで評価される為、Shortsだけで運用しても問題ありません。

長尺動画へ誘導させることができれば「コアファン」獲得にも優れています。

大きな欠点はありませんが、チャンネル自体の評価(視聴者属性)を重視している傾向にあるためデータが不足している開設初期は伸びにくい印象です。

TikTokと併用しながら、YouTubeチャンネルも育てるプランがおすすめです。

Instagram(Reels)
アクティブユーザー数 10億以上 ※TechCrunch(2018年時点)
  • フォロワー獲得が必須
  • 外部からの流入が必要
  • コアファン獲得に強い

Instagramはファン特化型

Instagram(Reels)に投稿した動画は、フォロワーのタイムラインに表示されるのが基本です。シェア機能も弱いことから新規獲得には不向きといえます。

その反面、ユーザーの熱量は最も高い傾向にあるプラットフォームですから、ファン化した視聴者の終着点、既存顧客へのリーチとしては優れています。

TikTokやYouTube(Shorts)など、別のプラットフォームで「ファン化」したユーザーを流入させることができれば最も強力なSNSであるといえるでしょう。

おすすめは
TikTokShorts

SNSでファンを増やす仕組み

これらの特性を理解し、「集客用動画」「ファン化用動画」を作成します。

集客用動画は、いわゆる「再生数が取りやすい」内容を軸に企画を考えます。いきなり宣伝等するのではなく、ユーザーに親しんでもらうことが目的です。

ユーザーを集めることができたら、ファン化するための企画等も作成します。再生数は平均以下になりますので、高評価率やコメントの熱量を観測します。

この施策を繰り返すと 「単純接触効果」などの作用が働き、ファン化に繋がります。(業態によっては根気も必要ですので、詳細はお問い合わせ下さい)

作成した縦型ショート動画は、各SNSへ転用可能です。
コストを最小限に抑えられますので、ご検討ください。

弊社の強み②


銀盾YouTuber監修

銀盾YouTuber監修

TikTok運用代行業者の多くは、YouTube(Shorts)など別プラットフォームの知識に乏しく「ファン化」を見据えた戦略を立てることができません。

弊社は「総再生数1億・登録者10万人以上」の現役YouTuber数名で監修を行っており、Shortsに特化しているクリエイターも在籍しております。

TikTokに関しても、1本140万再生以上など実績がございますので、詳細はお問い合わせください。

弊社の強み③


公式APIデータ分析

公式APIデータ分析

他社運用代行業者によっては、エビデンスの乏しい提案をされる場合もありますが、ただの感想になってしまっては、ゴールへたどり着けません。

弊社では、TikTok・YouTubeの公式APIと自社開発の集計システムにて分析を行っており、アルゴリズム変更も察知しやすい形で運用しております。

「再現性の高い」改善提案を心がけております。

縦型ショート動画運用代行の


よくある質問